読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

READ 2 INNOVATE! 読書からイノベーションを起こす情報集!

『1冊20分読まずに、「わかる!」すごい読書術の』の著者渡邊康弘が、最新のビジネス書をはじめ、読書会や読書法など、読書とイノベーションに関する様々な情報をお届けするブログです。

【これは名著!ブロックチェーン本の中でも優れた一冊】書評:『ブロックチェーン・レボリューション 』ドン・タプスコット著、ダイヤモンド社 (2016/12/2)

ビジネス書 書評 翻訳書

おはようございます。渡邊です。

本日ご紹介の一冊は、
『ウィキノミクス』、『デジタルネイティブが世界を変える』の
著者で知られる、ドン・タブスコット氏の最新作
『ブロックチェーンレボリューション』。

いやぁ、これはすごいね!
ビットコイン、FinTech。
その中で、ブロックチェーンと
よく聞くようになったけど、いったい。

そういった人におすすめなのが本書です。

すでにTEDでも、ドン・タブスコット氏が
しっかり解説をしてくれているので
まずは、こちらを見てから本書を読んでみるといいでしょう。

ドン・タプスコット:ブロックチェーンはいかにお金と経済を変えるか

www.ted.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■本日の一冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

  • 作者: ドン・タプスコット,アレックス・タプスコット,勝木健太,高橋璃子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

『ゼロ・トゥ・ワン』のピーター・ティールが言うように、
2015年からテクノロジーの時代が訪れている。

第3次人工知能ブームに加え、次々とアプリが
「自動化」している。

いま時代の技術トレンドは、「自動化」にある。

その「自動化」時代に向けた、大きなテクノロジーの一つが、
ビットコイン、Fintechの中枢技術としてしられる
「ブロックチェーン」だ。

この「ブロックチェーン」は、
単なる金融テクノロジーと思っていたら、
おそらく、将来的に痛い目に合うだろう。

「ブロックチェーン」は、金融だけにとどまらず、
インターネットと同じように、「金融」から始まり、
さまざまなものに影響をもたらすテクノロジーだからだ。

それは、交通、インフラ管理、エネルギー、水、
農業、災害予測、医療・ヘルスケア、保険、書類管理(権利)
ビル管理、製造・メンテナンス、小売業、スマートホームなど
さまざな分野に対し、創造的破壊が行われようとしている。

実際に、本当にインターネットと同じような事象が生じるのか?
権力を持った企業、業界との動向次第だが、
どのようなテクノロジーなのか?

いまある知識をいったんゼロにして、
改めて、みつめてみるとおもしろい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■本書の共鳴ポイント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

未来をデザインする7つの原則
原則1 信頼:嘘をつかないネットワーク
原則2 権力:力の集中から分散へ
原則3 インセンティブ:利己的な行動が全体の利益になる
原則4 セキュリティ:不正のできないプラットフォーム
原則5 プライバシー:個人情報のブラックボックス化
原則6 権利:スマートコントラクトによる明確化と自動化
原則7 インクルージョン:格差を解消するデザイン


マネジメントの終焉

メンバーは自分の仕事を自分で決められる。
トップダウン型の指示では存在しない。
各メンバーは常時2個~5個のプロジェクトに関わっていて、
やるべき仕事を見つけたら自発的にそれを引き受ける。

企業の本質を理解する9つの質問

1.外部のパートナーにまかせたほうが高い成果が期待できるか
2.ブロックチェーンを活用して、外部に委託するコストを
どこまで下げられるか?
3.技術的な依存度を考慮したとき、十分に独立性の高いモジュールは何か?
4.アウトソーシングをマネジメントする能力はあるか
5.外部パートナーがビジネスの本質的な部分を侵害する怖れはあるか?
6.組織をネットワーク化して縮小することに対して、法的な問題や
政治的な軋轢は存在するのか?
7.組織をネットワーク化することで、競争力の強化が期待できるのか?
8.外部に出してしまうと意味がなくなるような、会社の本質的な部分は何か?
9.企業と業務を構成する骨組みとして、内部になくてはならない特別な能力はあるか?


いちばん単純なモデルは、スマートコントラクトだ。
ブロックチェーンが仕事の契約の部分を担い、
自動的に支払いなどを実行してくれる。
 多数のスマートコントラクトが複雑に組み合わさってくると、
オープンネットワーク型企業(ONE)ができあがる。
さらにそこに、自律エージェントを組み込むと、
自律分散型企業(DAE)になる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■本日の一冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ブロックチェーン・レボリューション ―
 ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか』
ドン・タプスコット著
http://amzn.to/2ggER4d
単行本: 424ページ
出版社: ダイヤモンド社 (2016/12/2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

  • 作者: ドン・タプスコット,アレックス・タプスコット,勝木健太,高橋璃子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 


■今後のセミナー予定

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年12月11日(日) 東京
【満員御礼】レゾナンスリーディング基礎講座
http://resonance20161211.peatix.com/view

2017年1月14日(土)・15日(日) 大阪
レゾナンスリーディング マスター講座

2017年2月4日(土)熊本 準備中
レゾナンスリーディング基礎講座

2017年2月17日(金) 滋賀
【満員御礼】レゾナンスリーディング基礎講座
http://resonance20170217.peatix.com/view

2017年2月19日(日) 大阪
【受付開始】レゾナンスリーディング基礎講座
http://resonance20170219.peatix.com/view