読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

READ 2 INNOVATE! 読書からイノベーションを起こす情報集!

『1冊20分読まずに、「わかる!」すごい読書術の』の著者渡邊康弘が、最新のビジネス書をはじめ、読書会や読書法など、読書とイノベーションに関する様々な情報をお届けするブログです。

【人生とは何か?あらためて考えさせられる一冊】書評:『生きているうちに。』ジョン・キム (著) サンマーク出版 (2016/9/20)

こんにちは。渡邊です。

先週末は、レゾナンスリーディングの
マスター講座を開催!

このマスター講座では
「2日間」で一分野の専門家になるを
コンセプトに、
2日間で12冊~14冊以上の本を読むんです!

すごいでしょ!!

今回も、お一人15冊読んでいただきました。
それも、分厚い専門書に、「洋書」。
さらに速読は難しいと言われている
「小説」まで!!

いやぁ、この二日間。
私も脳をフル回転しながら行いましたよ。

さて、本日の一冊のご紹介です。

f:id:read2innovate:20160926175207j:plain


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■本日の一冊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

生きているうちに。

生きているうちに。

 

 

本日の一冊は、テレビでもおなじみ、
『媚びない人生』や『真夜中の幸福論』の著者として知られる
ジョン・キムさんの最新作『生きているうちに。』です。

本書はエッセイ調のような小説。

正直、私はこうした本は得意ではないので
あまり読まないのですが、
大好きな編集者が手掛けた一冊だったので、
「これは!」と思い読んでみましたよ。

日々の毎日に急ぎ生きている人に、
「生きる」とは何か?

疲れた人の心を癒してくれる
そんな一冊ですね。

ひとことひとこと、優しいのに、
なぜか、ドスンと心に響く。

不思議な一冊だなと思いながら
読み進めてみました。


それでは、本書の共鳴ポイント。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■本書の共鳴ポイント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もし、人生をリセットすることができるとしたら、

「ここは、人生をリセットするための分岐点だ。
今日、君は旅立つ。君の鎖はもう切れかかっている。わかるね。
それが合図だ。
 旅立ちのときは来た。君はもう前に進むしかない。
後ろに道はないのだから」

何を持っていくかより、何を置いていくかのほうが大事だ。

あなたは、自分の人生に満足しているのでしょうか。
あなたの世界は、居心地のいいものでしょうか。

あなたには人生に必要なすべての素材がそろっている。
生きるということは、その素材の使い方を学ぶことなのです。

「求めなくていい。自分は完全な存在なのだから」

鏡は目には見えない。けれど誰の心の中にもある。
正しい判断のできる人は、その鏡をいつも磨いているんだ。

望むものを手に入れようと努力することは大事だ。
けれど人は、何かを手に入れることと引き換えに、
いちばん犠牲にしてはならないものを傷つけることがある。

この世界のすべての人にとって、君が感じること、
君が考えること、君が覚えておくこと、君が行動すること、
君の人生のすべてが、貴重なギフトなんだ」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

同じ、編集者が手掛けた
『見てる、知ってる、考えてる』中島芭旺著。

10歳の子が書いたと話題性がありますが、
個人的には、やはり実体験をしっかりと持った方の言葉の方が
しっくりきますね。

やはり、常にものごとを洞察し、考え、実践しているからこそ、
生まれる言葉の重みが生まれると思います。

本書を読んで、あらためて自分はどのような人生を歩みたいのか?
もう一度考えるきっかけとなりました。

読書の秋にぜひ、手に取ってみてください。

 

生きているうちに。

生きているうちに。